HOME>オススメ情報>専門の学校でデザインや服、経営のことについて学ぼう

学校でしっかり基礎を学ぼう

女性

デザイナーや店舗の販売員、モデルなど、将来ファッション業界で活躍したいと考えている人は、専門学校へ進学するのがおすすめです。独学で学び希望の仕事に就くことも出来ますが、様々なコネや独自の勉強スタイルが必要となるので、しっかり学校で学び基礎を覚えるのが近道だからです。ファッションの専門学校へ行くのには、基本的に試験などはありません。願書を出し面接を受ければ大体合格出来ますので、入試対策はさほど重点を置かなくて良いでしょう。重要なのは入学後で、同じ志を持つ仲間と切磋琢磨し知識や技術を磨き、初心を忘れずにいることが大切です。早いうちから、オープンキャンパスなどで目星をつけておきましょう。

様々な学科があります

服選び女性

ファッションの専門学校には様々な学科があります。学校によって特色は異なりますが、多いパターンは1年でファッションの基礎、2年で経営ビジネスコース、デザインコースなどに分かれ、3年次では更にデザイナー、パタンナー、ショップ経営など細かな分野に分けられます。また、学校によってヘアメイクなどのメイク技術を学ぶことも出来ます。ある程度自分のやりたいことを明確にしておくことで、学科選択を悩まずに済むので、よく考えておくと良いでしょう。

卒業後の進路について

女性

卒業後の進路ですが、多くの場合提携しているショップなどがあるので、販売員など店舗スタッフとして活躍したい人は比較的就職には有利でしょう。ファッションスタイリストとして活躍する人も多いです。ただし、デザイナーやパタンナーなどを目指す人は、専門学校を出てもプロとして活躍するのはいばらの道です。在学中に資格を取得したり、企業研究や自分の売り込み、様々なコネを作ったりなど常に努力を惜しまないことが大切。短期間の学校生活の中で、夢を叶えるためにあらゆることを惜しまず行いましょう。